ふるさと納税をはじめよう~町のホッコリ活動~

広まるふるさと納税

近年、地方の特産品などをお得に受け取ることが出来る、ふるさと納税が広まってきています。テレビや雑誌でも取り上げられるほどの人気ぶりで、知っている人も多いでしょう。利用するだけで、高価なお礼がもらえるのが人気の秘密です。

Read More...

ふるさと納税の始まり

ふるさと納税制度が、平成27年4月以降拡充されています。

ふるさと納税は個人住民税の寄付金制度のひとつです。地方自治体へ寄付金のうち、2000円を超える部分について、個人住民税所得割の2割(2015年3月までは1割)を上限として住民税と所得税が控除されるものです。平成27年4月以降、ふるさと納税の制度がこれまでの住民税の1割程度の控除額が2割程度に拡大されています。また、寄付ごとに申請書を寄付した地方自治体に送付することで確定申告が不要となります。ただし、この確定申告不要制度については、年間5つの地方自治体までとされています。寄付する自治体は、必ずしも自分の生まれた「ふるさと」以外でも寄付することができます。また、ふるさと納税した税金の使い道についても自分で指定することができます。

寄付を受ける多くの自治体では、特産品をプレゼントしています。

ふるさと納税を受け付けている地方自治体の多くは、その地域の特産品をプレゼントしています。特産品の中には牛肉、海産物、米、果物などがあります。中には、高級和牛、カニ、メロン、ウナギなどの高価な商品もあります。そのため地方自治体からプレゼントされる特産品を目的にして、ふるさと納税を行う人が急増しています。ふるさと納税では寄付した金額のほぼ全額が、所得税や住民税から税額控除されます。また、地方自治体においても、地元の商品をPRできるチャンスとなりますし、特産品を地元の業者から購入するなどの経済効果が発生します。ふるさと納税は、地方自治体の窓口に連絡して寄付の申請書を取り寄せて、銀行振込みやクレジットカードで支払うことで簡単にできます。

利用者しやすくなる

ふるさと納税は、2016年以降からどんどん利用しやすいものへと変わっていきました。ふるさと納税は利用する人だけでなく、地方自治体も税収を上げていっているので互いが特をするシステムなのです。

Read More...

詳しい知識

ふるさと納税とは、自分が育った町や気になる町に納税することで、お礼の特産品がもらえるシステムです。多くの人に納税してもらうために、多くの町ではお礼の特産品に力を入れている所が多いです。

Read More...